水分補給ができる特徴がある

リンゴを使ったキャットフードの特徴は、老化防止効果だけでなく水分補給のサポートをしてくれる特徴があります。人間においても水分補給は重要で、もし体内の水分量が少ないと脱水症状などを引き起こす可能性があります。人間は水分を摂ることは重要なことだと理解しているので、定期的に水分を補給しています。一方で猫においては水分をあまり欲しがらない子も珍しくありません。猫が必要な1日の水分摂取量はおよそ1キログラムあたり40mlから50mlとされています。そのため、もし6キログラムの猫を飼っているご家庭では240mlから300ml水分を摂取させる必要があります。

また、猫はそもそも人間のように水をたくさん飲みません。その理由は猫の祖先が砂漠地帯で生息をしていたからです。そのため、どのように猫に水分を与えようか困っている飼主さんも少なくないです。

リンゴには水分が豊富に含まれており、水分量を摂ることができる可能性があります。そのため、水分不足の解消などを期待することができるのです。水分が不足すると脱水症状や泌尿器系の病気を発症する可能性がありますからキャットフードとして取り入れてみてはいかがでしょうか。水分を与えたいと思われている方はパッケージの水分量を確認してから購入をしましょう。