老化を予防してくれる特徴がある

リンゴを使ったキャットフードの特徴の一つは老化を予防することです。老化とは年を取るに連れて、徐々に身体の内蔵や足腰などの機能が低下していくことです。身体機能が低下すればする程徐々に身体が弱ってくることになります。もし足腰が弱くなれば運動機能が低下するので、運動ができないことで肥満になる子も珍しくありません。また、内臓機能が低下すれば食欲が減る危険性もあります。食欲が減ることで身体に必要な栄養分を摂ることができないため、免疫力などが低下する可能性があります。

リンゴにはリンゴポリフェノールが含まれており、このリンゴポリフェノールにはコレステロール値を下げる効果があるとされています。これによって老化予防ができる可能性があります。このポリフェノールには抗酸化物質で構成されており、ポリフェノールのなかでも良く知られているセサミンよりも約17倍の抗酸化物質が含まれているとされています。

リンゴを使ったキャットフードを与えることで、老化防止ができる可能性があるため、ある程度年数を経過した高齢の猫などに与えることで必要な栄養分を摂取できる可能性が高くなります。もし高齢の猫の健康を考えた食事を与えたい人は購入を検討しましょう。